059-359-5811

9:00~18:00(土日・祝日除く)

労働時間管理機能

勤怠管理 +
改善基準告示

物流・運送企業の勤怠管理は、これ1台。

勤怠管理画面
打刻データとデジタコデータがMIXすることで、労働時間管理が変わる!

複雑な労働時間の入力・集計を完全に自動化できる!

ドライバーは、出勤時または運行前点呼時に、JICONAXの打刻画面を使って出勤時刻を登録してください。
あとは今まで通り、デジタコで運行開始/運行終了をするだけ。
運行後点呼時または退勤時に、再びJICONAXの打刻画面を使って退勤時刻を登録します。

そうすれば、JICONAXが打刻データとデジタコデータをMIXして、自動的に勤怠時間や改善基準告示の時間を計算します。

給与の未払いや過払いをすることなく労働時間管理ができる!

一般的なデジタコ管理ソフトでは、運行前後の時間(出勤時~運行開始まで・運行終了~退勤時まで)は取得できないため、給与未払いのリスクが高まります。
また、勤怠システムの場合は、会社を出てしまったドライバーの行動は取得できないため、長時間の休憩の分まで給与を過払いしてしまう恐れがあります。

JICONAXであれば、打刻データとデジタコデータをMIXして計算するので、法律を遵守した上で、経営上も好ましい労働時間計算を手間なく行なうことが可能です。

乗務しない乗務員さんや事務員さんも同じ管理ができる!

ドライバーの勤怠管理はデジタコ管理ソフトで行ない、構内作業員や事務員の勤怠管理は勤怠システムで行なう。
同じ社員の勤怠管理なのに、職種によって異なるシステムを使うのは手間がかかります。

さらに言えば、「乗務した日のドライバーはデジタコ管理ソフトで」、「乗務しない日は勤怠システムで」等
というように、一人の人についても日によって異なるシステムを使うなんてこともでてきます。

JICONAXであれば、社員全員がひとつのシステムで勤怠時間管理をすることが可能になります。
また、ボタンひとつで社員全員分の出勤簿を印刷することも可能です。

出退勤時刻打刻

出退勤時刻打刻

出勤時/退勤時、タイムカード代わりに、この画面で出勤時刻/退勤時刻を打刻します。この画面で登録された時刻をもとに、勤怠時間や改善基準告示の時間を計算します。

ドライバー、構内作業員、事務員など、社員全員がひとつのシステムで勤怠時間管理をすることが可能になります。

勤怠入力

勤怠入力

勤怠データの手入力や修正ができます。
例えば、長距離ドライバーが事務所に戻ってこれない日などは、電話連絡を受けた社内メンバーがこの画面を用いて出退勤の時刻を入力します。
また、ルート手当や手積み手当など、日々発生する手当はこの画面で3つまで入力することが可能です。

休日カレンダー設定

休日カレンダー設定

社内組織や業務グループごとに、休日カレンダーを2年分設定できます。 ここで設定したカレンダーに基づいて、勤怠時間の計算を行ないます。

労働時間自動計算

労働時間自動計算

「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下、「改善基準」)で定められている労働時間管理のための時間計算を自動で行ないます。

基準をオーバーしそうなドライバーがいる場合はアラートメールが自動で送られてくるので、いちいち運行管理者が各ドライバーの労務状況をチェックすることなく法に則った運送会社経営ができます。

運送会社・バス会社様向け!
ドライバー採用によく効く 「働き方改革」の処方箋
  • ・どうしたらドライバーが採用できるのか
  • ・働き方改革はどう実施したらいいのか
  • ・最適な労務管理や生産性向上の手法とは…

など、弊社が良くお聞きするお悩み・相談をまとめました!