ジコナクス

ホワイト物流推進を実現!
運送会社の勤怠管理・安全管理支援クラウド
059-359-5811
9:00〜18:00(土日・祝日除く)

MENU

完全事故0ブログ

運送業でもテレワークを

運送会社・バス会社に特化した労働時間管理システム・安全管理システムのJICONAX
全国の運送会社・バス会社の皆様、こんにちは!
運輸業様向け労働時間管理システム・安全管理システムの
JICONAXです。

はいどうも、久長です。皆様、4週間のご無沙汰ですね。

新型コロナ対策世間では一時のように「コロナだ! マスクだ!」と大騒ぎしないようになりましたが、まだまだ全く気を抜けない状態が続いていますね。
さらにこれから冬に向けては、コロナの再活性化、インフルエンザとのWパンチと、またまた大きな脅威が続きます。
 
 
 
さて、そんな世の中ではテレワークが当たり前のように浸透してきていますが、皆様のところではいかがですか?
実は運送業のテレワーク導入率は、なんと全業種中で最下位!
全業種平均が30%近くに達しているのに比べ、運送業ではわずか10%未満と大きく水をあけられています。

テレワークは白旗で降参では、なぜ運送業ではテレワーク化が進まないのか?
その理由で一番多いのは「最初からあきらめている」だそうです。

確かに「運送業」というと、大きなトラックを動かして、物理的にモノを運ぶイメージがありますからねえ。
「運送業でテレワーク? そんなの、どだいムリな話だよ」なーんてあきらめてしまうのもムリはありません。

そうですね。
確かに「運送業」なんていう大きなククリでとらえていたのでは、おそらくムリっぽいですね。
でも、普段のお仕事をもう少し分解して考えてみたとしたら、いかがでしょう?

例えば、部門や業務で切り分けてみる。
「直接部門・直接業務(乗務員、配車マン、倉庫作業員 等)だとちょっと難しいな」
「でも、間接部門・間接業務(労働時間管理、従業員教育 等)なら可能性はありそう」

例えば、導入しやすい職種・人・業務・日程から始めてみる。
「全員はムリでも、Aさんは可能かな」
「Bさんの全部の業務はムリでも、あの業務とこの業務なら可能かな」
「毎日・全日はムリでも、隔日・半日なら可能かな」

テレワークのコツは整理して考えることいち早くテレワークを推進するためには「運送業ではムリだ」という固定観念とか既成概念とかは捨てること。
そして、柔軟に、自由に、小さな単位に切り分けて、整理しながら考えてみること。
ここがポイントのように思います。

とはいえ、労働時間管理、教育訓練、個人面談、etc.
紙やエクセルを使った運用だと、なかなかにテレワークも難しいでしょう。

はい、おわかりですね?
そこでJICONAXの登場です。

JICONAXはクラウドシステムなので、そもそもテレワークにはピッタリ!
各種いろいろな台帳や記録を、クラウド上で1ヶ所にまとめ、縦横ナナメにリンクさせあってお仕事の効率をアップしましょう、というコンセプトで作られています。

JICONAXを使った「バックオフィス業務の効率化」についてはコチラをご覧ください。
JICONAX全体について興味のある方はコチラをご覧ください。

では、今日もどうぞご安全に!

月別アーカイブ

無料お試しはこちらから